1. ホーム >
  2. ニュース >
  3. 旧米倉庫を活用したアート展示と制作体験

旧米倉庫を活用したアート展示と制作体験

会場:杜の蔵(新潟県新潟市江南区鍋潟新田1106番地)

期間:10月11日〜11月30日

※毎週水曜日および10月27日〜11月13日は企画替えにより休館

 

かつて米倉庫として使われていた空間を、現在、ギャラリーとして活用し、これまで様々なアート作家の個展やコンサートなどを開催してきました。今回、水と土の文化創造をテーマに当家に残された懐かしい昭和の亀田郷風景の写真パネルと、アート作家の作品を展示します。

 

■ タナカ・キン+高橋青佳「流木仏と植物素材によるインスタレーション」
11月14日(金)~ 11月30日(日)

11月16日(日) 午後1時より タナカ・キン製作ライブ
11月22日(土) 午後1時より タナカ・キン製作ライブ
11月23日(日) 午後2時より 「大山治郎・横山操とそのふる里を語る」
11月24日(月) 午後2時より タナカ・キン+高橋青佳ギャラリートーク
11月29日(土) 午後1時から2時 タナカ・キン ギャラリートーク「流木仏と私」

 

■ 安斉重夫「鉄の彫刻展 水と土と風の妖精ブリッサ」
10月11日(土)~10月26日(日)

鉄を素材とした作品展示と、製作体験ワークショップによる作家との交流会を開催します。
10月12日(日)  午後2時より 作家:安斉夫妻によるギャラリートーク
午後2時30分より 五十嵐正子氏によるオカリーナ演奏
10月18日(土)・19日(日)
午後1時30分より 製作体験  参加費:かけ時計2,000円・ペンダント1,000円

 

Print Friendly, PDF & Email

お気軽にコメントを入力してください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。