開幕まであと8日☆水と土の芸術祭2018

水と土の芸術祭2018

カウントダウン!!

8日前!!

http://2018.mizu-tsuchi.jp/

今回は、野瀬吉彦さん、松崎友紀さん、小菅知美さんです。

野瀬さん(写真左上)は『硝子の里復活「かつて新津はガラスの一大産地でした」』を行います。

松崎さん(写真左下)は『「醸す」新潟古今逍遥』に参加します。

小菅さん(写真右下)は『両川歴史路地めぐり』を行います。

 

硝子の里復活「かつて新津はガラスの一大産地でした」は、秋葉硝子の工房をオープンスペースにしてガラスの魅力を発信します。トークライブなどのイベントや、ガラス製品や風鈴づくりワークショップ、堀出神社や新津商店街で風鈴市を開催します。

 

「醸す」新潟古今逍遥は、市内4つの地域で時を重ねてきた建物の中で、手塚眞監督の映画「OKUAGA」を上映。その後、即興舞踊とスティールパンの音色でそこでしか味わえないひとときを醸します。

 

両川歴史路地めぐりは、酒屋の商店街の江戸・明治期の小道の名称を設置。配布する地図に隠されたお店やアート作品を探して書き込みオリジナルの地図を作り楽しみます。

 

市民プロジェクト、どれも魅力的です。

そして、カウントダウンでは全部紹介しきれません!!

市民が企画し実施する「市民プロジェクト」は、水と土の芸術祭の特徴です。

県外の方から大注目されてるんですよー!!!

 

■硝子の里復活「かつて新津はガラスの一大産地でした」

http://2018.mizu-tsuchi.jp/citizen/detail.php?id=1548

■「醸す」新潟古今逍遥

http://2018.mizu-tsuchi.jp/citizen/detail.php?id=1694

■両川歴史路地めぐり

http://2018.mizu-tsuchi.jp/citizen/detail.php?id=1847


【公式情報】

>>ボランティア募集

>>個人協賛募集

[ホームページ] [Facebook] [Twitter] [Instagram]

 

Print Friendly, PDF & Email